【悲報】ダービースタリオンマスターズのスピードAの馬でG1が勝てない

スポンサーリンク

 

先日ダービースタリオンマスターズで誕生した初めてのスピードAの馬

右から2番目まである晩成馬だったため、3歳時はグレードレースはおろかオープン特別でも大苦戦して掲示板確保がやっと。

ところが4歳夏ついに小倉記念に勝ち初重賞制覇。そして、続く新潟記念でも勝ち重賞連勝。ついに本格化。

【ダビマス】馬体解析でスピードAだったのに全く走らないと思ったら晩成馬だった(笑)
ダビスタマスターズのBCのレベルが上がってきたので最近全然勝てなくなってきた。 そろそろ強い馬を育てないとBCでランクの高いファンを獲得できないと思っていた。 そんなことを考えていると、先日ビマスで初めて...

期待を抱き天皇賞秋を目指すことにしたのだが。。。

 

スポンサーリンク

天皇賞秋を目指したところまさかの悲劇

 

天皇賞秋を目指して、「順調に来ています・・・」と調子も整えたのに、出走登録するのを忘れ日付をめくってしまった(笑)

目標としていた天皇賞に出せず、仕方なく次週にあるアルゼンチン共和国杯に出走。

 

 

アルゼンチン共和国杯では先に抜け出し独走態勢に入っていたアーネストリーを楽々差し切り(脚質差し)アルゼンチン共和国杯を制覇で重賞3連勝。

このスピードは今までとは違う!

と思い、2億円払って馬体解析にかけてみることにした。

 

晩成馬を4歳秋に馬体解析にかけてみた結果

 

ついにスピードAまで育った(笑)

アルゼンチン共和国杯からジャパンカップというとスクリーンヒーローを思い出す。

スクリーンヒーローを思い出し、同じようにヒーローになるつもりでいたがダビマスはそんなに甘いものではなかった。

 

まさかの未勝利?

ジャパンカップは勝てないまでも馬券圏内は確実だと思っていた。

ところがジャパンカップはまさかの7着。続く有馬記念は5着。初めてG1で掲示板を確保したとはいえ、

 

 

上位4頭とは大きく離された5着。

9馬身差は流石に地力が違いすぎると思う(笑)。

有馬記念の結果を受け、相当相手に恵まれないとG1制覇は不可能と思った。

思った通りG1での最高着順はこの有馬記念の5着。けれど、

 

 

オールカマーでは7馬身差で圧勝したリ、まさにG2横綱。

けれどオールカマーの出走前に、予想外のことが起きていた。

 

ダビマスの晩成馬のピーク

 

メモリが左から5の晩成馬なので6歳春くらいまでピークだと思っていたが、5歳9月で既にピークを過ぎていた。

ダービースタリオン マスターズ攻略プレイ日記さんの「【ダビマス】晩成タイプ(左5)のピーク時期を検証してみた」の記事ではこまめに馬体解析をして晩成馬(左5メモリ)のピーク時期を確認している。

この記事で検証している馬は6歳5月までピークを維持しているので、ダビマスは馬によってピークが長い馬と短い馬がいるらしい

イダテンメイジンはどうやらピーク時期が短い馬だったようだ。


スピードAの馬がG1未勝利で引退

 

ピークがとっくに過ぎた6歳でも、相変わらずG2までは堅実に走りAJCCを制覇。

けれそ6歳春になると明らかに出馬表の印が少なくなってきたので、6歳5月で引退。

 

 

結局42戦12勝(G2 4勝)とイマイチな成績で種牡馬入り。

 

 

結構惨敗しているので安定Aが付くとは思わなかったが、安定Aで実績C。

能力のイマイチな馬が安定して産まれるってことなんだろうか(笑)。

 

ダビマスのスピードAでG1未勝利の反省会

 

スピードAとはいえスタミナE。しかもスタミナが全くないのに距離適性が中距離。

スタミナがなさ過ぎて最初から厳しかった気がする。

何でこのスタミナで距離適性が2000以上なのか(笑)。

G1を1つは勝てると思っていただけに、未勝利で終わってしまったのは残念で仕方ない。

ダビマスダビマス日記
スポンサーリンク
名人wをフォローする
スポンサーリンク
この記事を書いた人
名人w

ゲームが好きで、ゲームに関するブログを書いています。
ただの日記なようなもので、ためになりそうな攻略情報はほとんどありません(笑)。

名人wをフォローする
スポンサーリンク
名人wだけが楽しめるゲームブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました