ダビスタマスターズの馬体解析でスピードAと非凡な才能

スポンサーリンク

 

「あけましておめでとうございます(笑)」

2017年最初の記事になるのはダビスタマスターズ(と思っていたが予想より記事が早く仕上がったため、2016年最後の記事)。

年末はあまりゲームに時間をさけなかったので全然進んでいないが、ゲームの世界でもお正月は特別なアイテムが貰えたり特典が多いので今年はお正月からロケットスタートを決めたいと思う。

 

スポンサーリンク

非凡な才能を持つ種牡馬の補填

 

お正月の特典ではなく単なる不具合だが、ダビスタマスターズのBCイベントで不具合があったらしく、★5のトーカイテイオーを補填として配布。

 

 

安定Aに実績Aと能力もさながら、非凡な才能の「豪脚」を持っているのは嬉しいと思う。

「大舞台でこそ」と書いてあるので、G1で豪脚を繰り出し先行馬をまとめて差し切ってくれる非凡な才能。(実際は大まくりで直線向く前に先団にいるが)

★5つの種牡馬は使うのが勿体ない気もするけど、トーカイテイオーを使って非凡な才能を受け継いだ産駒を育てたいと思う。

と、トウカイテイオーを貰って喜んでいたところ、お決まりのなつきちゃんの誘惑。

 

 

根性だけあるとんでもない馬でも馬体解析を薦めてくるなつきちゃん。馬体解析はコストがかかるためなつきちゃんの誘惑で苦しめられている人は多いと思う。

ダビスタマスターズにおける幼馴染なつきの馬体診断の罠
ダビスタシリーズは「スピード」「スタミナ」「勝負根性」といった重要なパラメーターはマスクデータで、基本的には走らせてみないとどれ程の能力を持っているかわからない。 他の競馬ゲームでは能力が可視化されているので、ダビスタではマスクデータ...

 

馬体解析にかけてみたらまさかの・・・

ただ今回は母馬がダビスタマスターズで初めてG1を勝った馬。

 

ダビスタマスターズでスピードBの産駒で初めてのG1勝利
ダビスタマスターズで主人公の牧場で働いている幼馴染のなつきちゃん。なつきちゃんは素質のありそうな産駒が産まれると馬体解析を薦めてくる。 けれどスピード能力がEしかない産駒の馬体解析まで薦めてくるので、なつきちゃんには用心しないといけな...

 

一定のスピードは担保されていると思うし、母と同じくスピードがBはあるかもしれないと思いなつきちゃんの薦めに従って馬体解析にかけてみた。

 

 

するとまさかのスピードA

 

おそらくそう珍しくはないと思うが、ダビスタマスターズで初めてのスピードAの産駒。これは期待せずにはいられない。

 

スピードAの産駒のデビュー

スピードAとはいえ成長が遅めなので新馬勝ちを期待はしていなかったが、勝ち上がるまで何戦も要するようだとそれ程期待はできないと思っていた。

新馬戦は2番人気で3着。成長タイプを考えるとこれで十分だと思っていたがやはり期待の産駒なので2戦目には勝ち上がってほしいと思っていた。

 

 

するとダビマス特有の4角ワープで直線入り口で一気に加速して後続を突き放し、脚色が鈍ることなくセーフティリードを保ったまま未勝利戦を快勝。

成長タイプを考えるとクラシックは厳しいような気もするが、G1を目標に故障させないように大事に育てようと思う。

いつのまにかBCのレベルが上がって勝負にならなくなってきたので、BCでそこそこ勝負になる馬になってくれたらいいなと思う。

ダビマスダビマス日記
スポンサーリンク
名人wをフォローする
スポンサーリンク
この記事を書いた人
名人w

ゲームが好きで、ゲームに関するブログを書いています。
ただの日記なようなもので、ためになりそうな攻略情報はほとんどありません(笑)。

名人wをフォローする
スポンサーリンク
名人wだけが楽しめるゲームブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました