ダービーインパクトで初めての香港遠征①-香港マイル・香港スプリント

スポンサーリンク

ダビパクことダービーインパクトの海外レースは、国内芝・ダートの全制覇が条件なので、なかなか出走できなかったけれど、

derbyimpact-satukisyou-win

ユタカマジック(笑)により、皐月賞を制覇し海外レースが解除。そのままこのヨッサンヒットマンで初の海外レースで凱旋門賞に挑戦するが、

derbyimpact-gaisenmon-racego

2番人気に推されながらも、直線逆噴射して8着に惨敗。キズナ・オルフェーヴルのワンツーフィニッシュという有り得ない結果になった(笑)。

そしてランクSS馬が他にもいるので、来年頑張ろうと思い、凱旋門賞に出るため秋古馬三冠を狙っていたところ12月に、

derbyimpact-honkoncup-dasin

香港カップへの出走打診。完全に忘れていたが、香港のレースは出走条件が緩やかで、国内芝G1を全部勝っているなら、スプリンターズステークスを勝てば香港スプリント、マイルCSに勝っていれば香港マイル、天皇賞秋に勝っていれば香港カップ、ジャパンカップに勝っていれば香港ヴァ―スに出走できる。

ということで、ダビパク初の海外レース制覇は香港にしようと思い、香港カップに出走しようと思ったが、スプリンターズSとマイルCSも勝っている馬がいるので、香港国際競争の順番通り、香港スプリントから出走することにした。

スポンサーリンク

ダビパクで香港スプリントに初挑戦

まずは香港スプリント。ピンクヨッサンはまだ成長途上だけど、SSなので145%まで育成している上、太宰騎手で能力アップ。そして、スピードはSS。道悪は全くこなせないけれど、サブパラもいいし、ゲートもA。出遅れる心配もないし、4.9倍とはいえ一番人気。これは確勝だろうと思いながら、初の海外制覇を期待しながらレースを見ることに。

出遅れることもなく、差し馬としてはいい位置取り。これなら圧勝だと思っていたのだが、

イマイチ伸びきれずまさかの3着。スプリンターズSでは7馬身ちぎったロードカナロアにまさか負けるとは思わなかった。太宰騎手も、

「この馬の力がこんなものではないはずですが。。。」

とコメントしているが、確勝と思っていただけに残念。香港だから簡単に勝てると思っていたけど、思ったよりレベルが高いと思う。

ダビパクで香港マイルに初挑戦

次はランクSSのグレートヨッサンで香港マイルに挑戦。ピークを過ぎているが、松田騎手に騎乗してもらうことにより、140%を超えているし、サブパラは全て◎。ロードカナロアのような怪物はいないし、2番人気でも勝てるだろうと思っていたのだが、

後方から追い込むも、激しい2着争いに敗れまさかの5着。香港程度ならSSなら簡単に勝てると思っていたが、凱旋門賞のように惨敗はしていないので、凱旋門賞ほどではないが、思ったより香港もレベルは高いと思う。

やはり、香港で「ジャパニーズ・レジェンド・ジョッキー」と言われている、香港では神騎乗連発している、F騎手に騎乗してもらわないと勝てないかもしれない(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました