ダービーインパクトで凱旋門賞に挑戦してみた結果-凱旋門賞でディープインパクト

スポンサーリンク

現在毎日遊んでいる競馬ゲームのダービーインパクト。SSの早熟馬が皐月賞を制してくれたことにより、国内芝G1全制覇して、ついに凱旋門賞などの海外芝G1が解禁。そして、そのまま無敗でダービーを制し、無敗+2冠+G13勝(2冠+朝日杯)で凱旋門賞の出走条件をクリア。そして無敗のまま10月になると、

derbyimpact-gaisenmon-dasin

凱旋門賞に出走の打診が!このおっさん確か牧場長のはず(笑)。なんで牧場長が海外レースの打診をしてくるのか謎だけど、これで、

derbyimpact-gaisenmon-sracesentaku

凱旋門賞に出走可能に。凱旋門賞初挑戦は楽しみだけど、右回り×と、適性が万能で芝適性があまり高くない勝てるかどうかはわからない。皐月賞は武豊騎手に騎乗してもらったのに関わらずスマイルジャック(笑)相手にたったの3馬身。ダービーでは「ターフの風?」を持ってる騎手に騎乗してもらい、適性を「万能→芝」にしたところ8馬身差の圧勝。やはり万能はダート適性もそこそこの代わりに、芝適性が低いため弱いのかもしれない(笑)

ということで、芝適性が上がる騎手に騎乗してもらおうとしたところ、

derbyimpact-gaisenmon-miruco

岩田騎手より日本語が上手いと言われている、M.デムーロが騎乗したいと言ってきた。本当は芝適性が上がる機種に騎乗してもらう予定だったけど、ミルコなら悪くないと思い、騎乗してもらうことに。そしていざ凱旋門賞に出走。

人気を見ると2番人気!これは凱旋門賞初挑戦にして初制覇もあるかもしれないと思い、ライバル馬を見てみると、何故かキズナが一番人気(笑)。凱旋門賞2連覇のトレヴに2年連続凱旋門賞2着のオルフェ―ヴルがいるのにキズナが一番人気なのがわからない。

確かにキズナは凱旋門賞4着と好走はしたけれども、その時の勝ち馬がトレヴ、2着馬がオルフェ―ヴルのはずなんだが(笑)。1番人気とはいえ、キズナはさすがにこのメンバー相手では勝てないだろうと思い、レースを見てみると、

スポンサーリンク

ダービーインパクトで凱旋門賞に初挑戦した結果

ゲートがB⁺と低いため、出遅れが心配だったけど、スタートも悪くなく、スタートからハナを叩くことに成功。一方1番人気のキズナは最後方。ダンシングブレーヴでもないし、これで一番人気は沈んだと思い一安心(笑)。

そして最終コーナーを回り、直線に向き、後続を一気に突き放したいところ、先頭で粘っているが、後続を突き放すことができない。ラスト1ハロンの時点でもまだ先頭で粘っていたが、後続を突き放すことができなかったため、これはディープインパクトの凱旋門賞のようになるかもしれない(笑)案の定、

derbyimpact-gaisenmon-gaolmae

ラスト100mくらいで後続が一気に押しかかり、馬群に呑まれてしまった(笑)。けど実況をみると、

「先頭はキズナ!」

「ここでオルフェーブル」

キズナは確か最後方にいたはずなのに、まさかのダンシングブレーヴ(笑)結果を見てみると、

derbyimpact-gaisenmon-racego

まさかの日本調教馬のワンツー(笑)。凱旋門賞2連覇のトレヴが3着でヨッサンヒットマンは8着。ルーラーオブザワールド程度に負けるようじゃあ話にならないかもしれないが、初めての凱旋門賞はキズナが勝ったりと結構面白かった。

けどやはり適性が万能だと凱旋門賞は厳しいかもしれない。この後、試しにJBCクラシックに出走したところ、皐月賞ではスマイルジャックに苦戦したにもかかわらず、圧勝したので、万能適正はライバルの落ちるダート交流G1荒しがいいのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました