スピードAは100以上!ダビマスの馬体解析でわかるスピードとスタミナの上限

ダビマス馬体解析するとA~Eでスピードやスタミナなどの能力が表示される。

A~Eの表記でも大まかな強さはわかるけど、いまさらながら能力の振り分けの数値を知ることに。

そこで以下の記事で、ダビマスの馬体解析からわかる産駒の能力値をまとめてみた。

 

数値が違っていたようなので修正しました。

 

スポンサーリンク

馬体解析のコメントからスピードとスタミナの推定

馬体解析コメントからの推定値
凄い素質 スピード・スタミナ81以上
スピードタイプ スピード81以上・スタミナ80以下
スタミナタイプ スピード80以下・スタミナ81以上
万能タイプ スピード・スタミナ80未満

 

馬体解析で「凄い素質」とコメントされたらスピード・スタミナともに70以上確定。

 

 

ある程度のスピードとスタミナが担保されるので、それなりに活躍してくれると思う。

「スタミナタイプ」とコメントされたらスピード80以下確定

スタミナCでスタミナタイプとコメントされたら、血を繋ぐ目的もないなら即セール行きかもしれない(笑)。

ダビマスではマイネルキッツが印が厚いわりに全然勝てない。

おそらくスタミナだけ高くてスピードが悲惨な設定になっているスタミナタイプのような。。。

万能タイプは、スピードとスタミナにあまり差がない時に出るコメントだと思っていたけど、スピード・スタミナが80以下。

 

「これは万能とは言わないはず(笑)。」

 

通知表にたとえると、オール3より悪い成績だとしか。。。

 

スピードとスタミナ個別の数値

馬体解析のスピードとスタミナの数値
A 100以上
B 85〜99
C 70〜84
D 55〜69
E 0〜54

 

Aだとスピードとスタミナ100以上が確定。

上限がなく、100からスピードの最大値まで幅広い。

同じスピードAでも強さにかなり差が出ると思う。

 

スピード・スタミナの合計値

馬体解析のスピードとスタミナの合計
海外 180以上
三冠(※注) 180以上
いくつかの(牡馬) 160以上
いくつかの(牝馬) 150以上
G1 140以上

 

海外・三冠のコメントがでなくても、牡馬で「いくつかのタイトルも取れるかもしれない」とコメントされたらスピ・スタ合計が160~179

もし早熟タイプ・短距離馬なら三冠コメントは出ないので、160~179

短距離馬で「いくつかのタイトルも・・・」とコメントされたらかなり強い可能性もある(牝馬の場合は150以上なので微妙な可能性もあり)。

 

三冠コメントは、スピ―ド・スタミナの合計180以上(牝馬は170)、
成長型が早熟以外(左3コマ以上)で、距離適性が中距離以上じゃないと表示されないらしい。
距離適性が1000~1600のサクラバクシンオー産駒で三冠コメント。
今まで距離適性も関係していると思っていたが、関係ないのかもしれない。
ダビマスで海外三冠コメントの馬が誕生!育てた結果と能力に驚愕
ダビマスで代重ねを重ねていたら繁殖牝馬の能力が底上げされて、以前より少し強い馬が産まれるようになった気がする。 今まで挑戦した完璧な配合でも誕生しなかった海外コメントの産駒が、15代目の配合で初めて誕生。 ...

 

海外コメントにおける産駒の強弱

 

海外コメントはスピード・スタミナの合計値が180以上。

ただ、海外コメントは180以上~最大値と幅が広いので、海外コメントが出ても産駒の能力にかなりばらつきがある。

たとえば、スピードA(100ギリギリ)・スタミナC(80)でも海外コメントは発生するらしい。

となると、スピードA・スタミナE(0~54)で海外コメント(180以上)が出れば最低でもスピード126。

海外+スタミナEならスピード能力がかなり高い産駒の期待がもてると思う。

 

疑問に思ったこと

 

Eの能力振り分けは0~54らしい。

スピードとスタミナが0の産駒なんか産まれるんだろうか(笑)。

晩成馬は2歳時にはスピードがほぼ乗らないし、その他の成長タイプでもピークを過ぎるとスピード能力はだんだん低下する。

ということは・・・スピードEの馬なら成長前かピーク後に、スピード0まで落ちることもありそうな気がする。

スピード0だと未勝利も勝てなそうだが(笑)。

ダビマスの記事一覧

タイトルとURLをコピーしました